大学卒業後、土木業界向けに計測サービスを提供する会社でシステム開発をしていた波平さん。 AIが社会に変革をもたらす未来を見据え、AIに注力する企業で働きたいという想いから転職活動をはじめたとのこと。 先に転職活動を経験していた友人に相談したところ、エンジニアの転職に特化したスカウトサービスの「moffers」 を紹介されたという。

今回は、「moffers」を通じて自動車部品等の製造・販売を手がける「アイシン精機」に転職を決めた波平さんに加え、オファーメッセージの作成や採用面接を担当した加藤さんと、波平さんの直属の上司である服部さんにも同席いただき、両者の出会いから入社後までをご紹介する。

転職活動経験のある友人に相談し、勧められたのが「moffers」

>>波平さんは今回が初めての転職とのことですが、どのように転職活動を進められたのでしょうか。

波平 やはり最初は何からやればいいのか分からなかったので、先に転職活動をしていた友人に相談したんです。 そのときに「AIをやりたいんだったら、moffersを使ってみるといいよ」と教わり、まずは登録をしてみました。

他の転職サービスにも登録していましたが、「moffers」は少し仕組みが違っていて、年収が確約されているので安心感がありますし、企業から直接オファーをいただけるので、「自分が知らない意外な会社と出会えるかも」という期待感がありました。

>>そうしたなかで「アイシン精機」からのオファーに対して、面接を受けることにされたとのことですが、ポイントは何だったのでしょう。

波平 オファーメッセージを読むと、ドライバーの感情や眠気などのデータを解析するような事業の構想が書かれていて、「目の付け所がチャレンジングで面白い」と思ったことが一番大きいです。 あとは、「moffers」には「はたらきやすさ」などのタグ機能があり、外からは見えにくい職場の雰囲気も見えたので、面接を受けることにしました。

>>加藤さんは、どのような人材を求めて「moffers」を利用されたのでしょうか。

加藤 あらゆる方法を使ってAIの技術者を採用したかった。この一言に尽きますね。 弊社ではAIに注力する経営方針を掲げており、AIの技術者に関しては人数の上限なく積極的に採用に動いているのですが、やはり慢性的に人材不足なんです。

そもそもAIの技術者の母数が少ないうえ、とくに関東圏では人材の取り合いになっていますから、普通の手段だけでは採用することができません。 そこでプラスアルファのやり方を探していたところ、「moffers」を知り、利用することにしました。

>>オファー文はどのように作成されたのでしょう。

加藤 文章は私が原案を作りました。基本的にはラブレターの書き方ですよね(笑)。 とくに意識して伝えようとしていたのは、「あなたにはこれをやってほしい!」という点です。 人間性などは会って判断するつもりでしたから、この時点では、AIやデータ分析に関する知識や経験があると見込まれる方に幅広くオファーしていて、そういう人たちに興味を持ってもらえるような文章をこころがけていました。

>>波平さんも、技術的な面は意識してプロフィールに書いたんですか。

波平 そうですね。自分の売りになりそうなポイントを洗い出して、自分のなりたいキャリア像や、仕事で役立てられそうなスキルをアピールした感じです。

>>初めての転職なのに、そこまで考えられるのはすごいですね!

波平 やっぱり、AIに力を入れている企業でなければ転職をする意味がありませんから、自分のやりたいことを分かってもらえるように意識していたんです。 友達にもレジュメを見てもらいましたし、「moffers」のアドバイスにも、「あまり書くことのない項目は、中途半端に書くよりは消した方がいい」といったアドバイスを受けてブラッシュアップしました。

不安を抱えての面接 終わってみると不安はなくなっていた

>>一次面接は波平さんにとって初めての転職面接ですよね。いかがでしたか。

波平 正直、面接を受ける前は「変な上司だったらどうしよう」という不安もありました(笑)。 でも、一次面接は加藤さんと1対1だったのですが、私の話を真剣に聞いてくれて、その場でフィードバックもいただけたので、不安はなくなりましたね。 今後のキャリアについてのお話もあり、「エンジニアのことをちゃんと見てくれているんだな」と実感しました。

>>加藤さんの波平さんに対する印象は?

加藤 私が面接で重視して見ているのは、とにかく“人間性”なんです。 これは会話をすると5分程度で分かります。 これまでに波平くんと同じポジションだけでも80人以上面接してきましたから。

波平くんの場合、一次面接で話していて、「moffers」のレジュメに嘘偽りはなく、人間性も申し分ないとすぐに分かりましたね。 あとは、入社後に勤勉に勉強して成長してくれるのか、そういった伸びしろの部分を意識して面接では見ていました。

一次面接の翌月には部長や人事のマネージャーを交えて最終面接を行いました。 一次面接で技術や人柄は十分に確認できていましたから、ここでは違った切り口の質問もしたと思います。波平くんにはどんな質問をしたんだっけ……?

波平 たしか、「仕事をするうえで大切にしていること」という質問がありましたよね。 私の場合、前職のときから、何かにチャレンジするにしても、ダメだったときのアプローチも必ず考えるようにしているので、そのことを答えたような気がします。

「本社から頼られる人材になるために」東京で奮闘する日々

>>「アイシン精機」に入社してからのお仕事について教えてください。

波平 「アイシン精機」の本社は愛知県の刈谷市にあるのですが、私が配属されたのは東京のお台場にある台場開発センターです。 入社後はここで社内の業務改革を担当し、オフィス業務の自動化などに取り組んでいます。たとえばOCRで文字情報を認識するような技術を業務改革に応用するようなイメージですね。

>>入社されて半年ほど経っていますが、仕事にはもう慣れましたか。

波平 それはまだかもしれません(笑) 前職は基本的に1人で動いていたのですが、今はチームで動いているため、たとえばスケジュール管理や、仕事の切り分けなどで戸惑うことも多々あります。 ただ、経験豊富な先輩が色々と教えてくださっているので、だんだんと落ち着いて仕事に取り組めるようになってきました。

>>服部さんは、直属のチームリーダーということですが、いかがでしょう。

服部 実は波平くんの前任者は出向で台場センターを離れているので、転職したばかりの波平くんにとっては重責だったと思いますが、十分にやってくれていると感じます。 波平くんの直後に入社した新人の面倒も見てくれていて、頼もしいです。

波平 後輩は本当にすぐにつきましたよね(笑)。でも、後輩といってもプログラミングなど自分よりも詳しいところもありますから、一緒の目線でお互いに教え合いながら仕事に取り組んでいければいいな、と思っています。

最後に

>>今後はどのように活躍していきたいと考えていますか。

波平 前職で扱っていた画像認識技術とは違い、今の仕事では自然言語処理を扱っていますので、まずはこの技術をしっかり学び、何ができるのかを考えていきたいと思います。 まだ具体的なアイデアは見えていませんが、加藤さんからも、「自分がやりたいことを持っておくように」と言われているので、今は探しているところですね。

>>服部さんや加藤さんは、波平さんにどんなことを期待していますか。

服部 我々の本来の仕事は製造業ですから、波平くんには、いずれものづくりの道に進んでもらいたいと思っています。やはり、自分が作った製品が世の中で使われるというのが、一番の醍醐味ですからね。 彼に今やってもらっている仕事は業務改革ですが、たとえば書類から情報を抜き出す技術を応用して、車で撮影した画像から情報を読み取る技術を開発するなど、将来に活かしてもらえると思っています。

加藤 私の意見も重なりますが、波平くんには本社から頼られるような人材になってほしいですね。 そのためには小さな成果を積み上げていくしかありませんから、今の仕事を頑張って、本社にもどんどん顔を売ってもらいたい。 いずれは、「台場開発センターに波平あり」と言われるような人になってくれると思っていますので、本当に期待しています。

みなさん、本日はありがとうございました。

非常にきれいで明るいオフィスが印象的でした。 共有スペースで行った写真撮影時には、波平さんが通りかかる社員の方から声をかけられており、打ち解けた雰囲気が伝わってきました。 インタビューでは波平さんの充実した働きぶりとともに、加藤さんや服部さんが波平さんにかける期待も感じました。

(取材協力)
データサイエンス技術部技術開発グループ グループマネージャー
加藤浩明氏
データサイエンス技術部技術開発グループ 台場第三チーム チームリーダー
服部克氏
データサイエンス技術部技術開発グループ 台場第三チーム
波平勇気氏

【PR】あなたの本当の評価がわかる!年収確約サービス「moffers」

登録した詳細な経験・スキル情報に基づき、企業が「年収」を明示した形でスカウトを行う、ITエンジニアのための転職サービス「moffers」がオープンしました!

あなたの本当の評価がわかる「moffers」に登録してみませんか?

WebからIoT、自動運転、AIまで幅広い業種・職種がラインナップしています。この機会にぜひご登録ください!